満漢全席食べ放題

楠本桃子です。フリーのライターやったり、ゲームを作ったり、自由に生きたりしています。すきなもの、ひと、ことについて すきほうだい かいています。

【雑記】『ひとりぼっち惑星』と『ロンリープラネット』

f:id:mochi4xg:20160627115444p:image

最近はやりの『ひとりぼっち惑星』というアプリ。

このアプリ、とても好きな雰囲気!

毎回起動するたびに

ハロー、サウンドオンリー。

マイクチェック、マイクチェック、1.2...

と、やくしまるえつこ女史のロンリープラネットが頭に流れる。

 

作者の人は多分、ほんとにロンリープラネットを聴いてひとりぼっち惑星を作ったんだと思う。

だってぴったりすぎるセカイなんだもん。

オデッセイとかゼログラビティとかインターステラーとかそういう宇宙じゃないの。

ロンリープラネットの宇宙なの。

救いようが無くて

もはやどうしようもないあの感じ。

 

人工知能同士の無機質なんだけど感情が伝わってくる戦争。

ただただそれを眺めているだけでも不思議と飽きることはない。

 

何処かの知らない誰かから届く「文字」は、どんなものを受信するかわからない。

どこかの遠い惑星から地球へ向けて発信されたメッセージや、思いの丈を詩的に綴ったものはもちろん、「今日のレシピ」や「働きたくない!」という悲痛な叫びもたくさん届く。笑

 

これは新聞や雑誌を読んでいるときの感覚によく似ている。

自分の目的とは違った文字が目に入り、そこから感情を動かされてしまうあの感じ。

文字を読むことの楽しさを思い出させてくれたアプリ。

 

最初に見知らぬ誰かから届いたメッセージは…

 

f:id:mochi4xg:20160628213950p:image

 

……

………?

 

私も何処かの誰かに向け、ひとりぼっちの宇宙から何かを伝えてみようと思う。

メッセージを受け取った人の心を少しでも動かせますように。